2004年12月16日

“FABRICK”

fabrick

[FABRICK]Medicom Toy Life Entertainment Exhibition
ベアブリックなどで有名な メディコム・トイが『FABRICK』なるファブリック(布地)ブランドをリリース。SILASのグラフィックでも知られるWill Sweeneyや、MILKFEDやBeams Tのアートワークでお馴染みのADAPTERなど、合計6パターンのテキスタイルがお披露目されるもよう。コラボレーションアイテムのラインナップ見ただけで、そりゃあ、もぉ〜。お披露目エキジビションは Labline.tvにて12月17日から開催。

それにしても、リニューアル後のRelaxは読みたいと思うページが少なくて残念…。なぜか「今月のルノアール」が無性に読みたい気分。これって禁断症状なのかな? 岡本編集長はBRUTUSに移動されて、現在の編集長はBRUTUSから移動されてきたんですね。定期購読更新したばかりなのに、このままだと続けるのキビシイです。頼みますよ〜!
posted by avantique at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | DESIGN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

Stars 『Set Yourself on Fire』

stars

カナダ出身でニューヨークで結成されたスターズ。2ndはエレクトロポップな感じでしたが、今作はドリーミーポップ感が強く、聴いててついつい現実逃避。実験的ポストロックのBroken Social Sceneといつの間にか同じレーベルでした。
12月17日P-VINEより発売。ジャケットはきっと日本仕様になるでしょう。レーベルは Arts & Crafts。試聴はココ(2ndと3rd全曲試聴可能)とかココで。
posted by avantique at 01:46| Comment(1) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

ヴィム・ヴェンダース・コレクション

Vim01
何でこの時期にかわかりませんが、ヴィム・ヴェンダース・コレクションBOXセットが登場!あっさりBOXセット出してくれた方がありがたいですけど、収録作品に納得行かないのは私だけでしょうかね?以前に発売されたロードムービーBOXは良かったのにな…。
東北新社に確認した収録作品は以下の通り。
・緋文字
・東京画
・ベルリン・天使の詩
・まわり道
・ニックス・ムービー/水上の稲妻
買い逃がしている方は要予約。2005年1月21日発売。ちなみに私が ヴィム・ヴェンダースの中で一番好きなのはロード・ムービー3部作の一つ「さすらい」。ほんとは「都会のアリス」「まわり道」「さすらい」の順番で観てみることをおすすめします。

もう観れないと諦めかけていた クルテクとズデネック・ミレルの世界が観れました。『コオロギくん』や『知りたがりワンちゃん』などほほえましい作品もありましたが、かなりシリアスな作品もあってズデネック・ミレルの表裏が垣間見れました。作品の内容はどれも子供向けなんだろうけど、ある意味大人向き。忘れかけていた当たり前のことを思い出させてくれます。「クルテク」初公開時ポスターのアンケートにもちゃっかり応募。当たるといいな。K's cinemaにて11月26日まで公開中。
posted by avantique at 10:07| Comment(5) | TrackBack(0) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

SWAN LAKE

swan01

以前からずっと興味があったのがバレエ。いや〜その〜別に自分がやろうとしているわけではなくて、見てみたいな〜と思ってましたら、そんなチャンスが巡ってきました。
東京バレエ団による 『白鳥の湖』を鑑賞してきました。バレエをやってる友人にチケットをお願いしたら、なんとオケピ(オーケストラピット)の真ん前。つまり最前列でビックリ!普通はこういう時、思いっきりおめかしして行くものなんでしょうが、仕事帰りだったため、思いっきりアウトドアな格好で行くハメに…。笑
バレエって写真で見ると陰気臭くて、一般大衆を寄せつけないイメージがあったのですが、実際はステージに立つ人全てが細かく計算されていて、息づかいが聞こえてくるほどエネルギッシュ。何度も鳥肌が立って、すっかりバレエの虜に…。王子役のウラジーミル・マラーホフもかっこえかった〜。足が身長の3分の2ぐらいありましたよ。
オーケストラの演奏が止まるたびに拍手&「ブラボー」コール。拍手のしすぎで手が痛くなるほど。ちなみに「ブラボー」は女性は言っちゃいけないみたい。バレエに先入観をお持ちの方はまず鑑賞してみることをおすすめします。バレエを見終わってますますヴァイオリンが習いたくなりました。
posted by avantique at 01:56| Comment(6) | TrackBack(0) | Art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

+/-{PLUS/MINUS} プラス・マイナス初来日!

pm

11月12日、NYで活動しているVERSUS(現在休止中)のJamesが結成した +/-{PLUS/MINUS}のライヴに行ってきました。
力強いバンド・サウンドとメロディーの美しさ、まさに動(+)と静(−)が交錯する多彩なサウンドを目の当たりにして大感動!ほんとに心地よくて終止笑顔が止まりませんでした。っていうかまだ止まってない…笑。まだ聴いたことないって人は コチラとか コチラで体験して下さい。今回のツアーに同行している Bloodthirsty Butchersにも度肝抜かれました。彼らスゴいわ。
そしてライヴ後、そのメンバー達が目の前で中華をほおばる姿に、うっとり。だってみんなチャーミングで面白いんだもの。何より+/-が松本で見れた幸せ、こんなシチュエーションをセッティングしてくださったMさんに感謝。またいろんな音楽を紹介して下さいね。
それにしても自分の英語力のなさにガク然…。「あ〜」とか「う〜」しか出てきませんでした。副業で学生やってるのに情けない限りです。勉強しないとっ!

TORTOISE 来日ですか…。
TORTOISE JAPAN TOUR 2005
あらら、↑には載ってませんがLiquid Roomの他に渋谷Quattro公演もあるみたいですね。
posted by avantique at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

益子陶器市の戦利品たち

11月3日秋色益子陶器市に行ってきました。平日のど真ん中の祝日ということもあり、例年よりも人は少なめ。陶器市の前半は雨だったため、今年はあまり活気がなかったとか。しかしこの日は天気も良くて暑いアツイ。チャリでいろんなところを駆け巡りました。作家さんのものばかり買ったため、かなり高額になると思いきや、最終日ということもあり皆さんガンガン値引きしてくださいました。今回の戦利品たちです。

[抹茶碗]
utsuwa01 utsuwa04
この器でお茶会をする予定。お菓子作りをライフワークにしてる友人がいて、いつもおいしいケーキを作っては持って来てくれる彼女。お菓子作りをしないとストレスが溜まるらしい…。はるばる吉祥寺までお菓子教室に通う彼女には頭が上がりません。今度ケーキ教室を開催する予定ですので諏訪地域にお住まいの方は是非!このケーキ教室の案内を私がデザインしてます。締め切りが迫らないとデザインできないのは職業病なんでしょうか?笑

[たわみ中鉢]
utsuwa02
少し歪んだ感じで鉄粉がちらしてあります。焼きがあまいということでかなりお買得!愛知県から参加の作家さん。今年は常滑から来てる作家さんにかなり心奪われました。

[おにぎり小皿]
utsuwa03
作家さんが「おにぎり小皿」って名前をつけてました。ゆる〜い三角形でおにぎり1個がちょうど納まるサイズ。粉引の愛らしい小皿です。

[カフェオレボウル]
utsuwa05
益子で買った器ではありませんが、最近のお気に入り。彼の器はいろんな雑誌で取り上げられたりしてしまった為、入手しづらくなってきました。もう亡くなってしまったルーシー・リーが好きな人には、彼が作る器もきっと好きなはず…。

posted by avantique at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | LIFEWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

秋色益子陶器市!

もう恒例になった益子陶器市。今年も行きます!
陶器市は作家さんが直接販売されていることが多いので、お話できるのも楽しみの一つなんですよね。今年は実用的な器をいろいろ探したいと思います。詳しくは 益子町観光協会へ。
陶器の他に益子にはハイレベルなカフェがいろいろあります。[gallery+cafe STARNET][cafe & galley 土空間][カフェ&雑貨 益子の茶屋]など、その場所でしか味わえない雰囲気や食事は、どんなに遠くてもまた人を惹きつけるんでしょうね…。

先日蓼科にある 陶仙房でろくろ体験してきました。ろくろは初めてでも意外と形になるのですが、時間をかけすぎてしまってかなり歪んだ器が完成。御主人に「歪んだ器は今しかできないから!」と励まされましたが、焼き上がりが心配でなりません…。奇しくも自分の誕生日プレゼントになりそうな予感。

以前、池田町の相道寺焼で器を作ったのですが、なんとホームページを発見! あいどうじは先生も若先生(息子さん)もとても親切でわかりやすく教えてくれます。料金もかなりリーズナブルなのでおすすめ。こちらのサイトの一番下に「ちょっとボロですが…」ってところがほほえましくて……笑。100年も前の建物だったなんて驚きです。
posted by avantique at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | LIFEWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

BRANIFF AIRLINE EXPO

[BRANIFF AIRLINE EXPO]

アメリカの伝説のエアライン[ブラニフ・インターナショナル]の展覧会が今日から始まります。 Alexander CALDER EMILIO PUCCI Alexander Girard らがコラボレーションした作品はきっと今見ても新鮮なんでしょうね。エアラインもののコレクターではありませんが、プッチ好きとしては行かないわけにいかないでしょう。この展覧会の監修でもある、何でもコレクターGlyph.の柳本浩一さんの本もこの機会に読んでみては?値段が高めなのがちょっと考えものですが…。本当に好きな方は必携です!

[Glyph.の本]
●Transportation Graphics(ミニカタログ)
●Transportation Graphics(スーベニールキット)
●Departure
●Mind the Gap
限定品もありますが コチラ でまだ入手できます。
posted by avantique at 11:41| Comment(3) | TrackBack(0) | DESIGN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

The Go Findのデビューアルバム

miami

Morr Music japan tour 2004 Styrofoamのサポート・ギタリストとして来日していたベルギー出身のDieter SermeusによるThe Go Findのデビューアルバムがリリース。ツアー・コンピレーションに続きほんとにすばらしい音楽。Morr Musicといえば、言わずと知れたドイツ・ベルリンのエレクトロニカ系レーベル。Styrofoam,Manual,GUITAR,LANI PUNAなど良質な音を世に送りだしてます。 Morr Musicワールド未体験の方は是非!しばらく現実に戻ってこれなくなりますけど…。Styrofoamの新作はレーベル仲間であるLANI PUNAも参加。11月に発売されるもよう。
このところ新作ラッシュでまいっちゃいます。SUB POPに移籍したLOWですが、トリビュートアルバム『We Could Live In Hope: A Tribute To Low』やManual & Syntaks『Golden Sun』などあげたらキリがありませんね。
あと、Elliott Smithの新曲「Twilight」が insoundにアップされておりました。
posted by avantique at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

エリオット・スミスの遺作

Elliott01

未発表音源だらけのチャリティー・アルバム『Future Soundtrack for America』に続いて、エリオット・スミスの遺作『From a Basement on the Hill』が来月とうとう発売。死の直前までレコーディングされていたのは34曲あり、そのうちの15曲が今回のアルバムに収録されるもよう。彼が亡くなってもう1年が経とうとしているのですね…。いろんな意味で涙なしには聴けそうにありません。Anti-Records より10月19日発売。

[elliott...........]
[sweet adeline]
posted by avantique at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。